トガッタ人になろう。自由に生きていく。会社や社会に頼ってられない。

橋本雅のブログ。

国や会社に頼らず 僕らは自由に生きていく こちらも、勉強になったブログです。

あなたのまわりの「ダメだし人間」から逃げよう。

 

トガッタ人になろう。

 

「トガッタ人」と言うと、人や会社によって受取り方はあるでしょう。

 

しかし、「トガッてる」というのは、いい意味で受け取って下さい。

 

既成概念、今までの恒例等を突き破り、進んでいく、進んで行ける人。

 

そんなイメージ、よく言われるのは、スティーブ・ジョブズ氏がわかりやすいでしょう。

 

でも、会社には必ず潰しにくる奴がいます。

 

それが、「ダメだし人間」。

 

  • 確かに、私が悪いけど。
  • そこまで言なくてもいいんじゃない?
  • 事あるごとに、文句を付けてくる

いろいろあるけれど、

 

 

ここがダメ!

 

こっちもダメ!

 

これではダメ!

 

それもダメ!

 

あれもダメ!

 

ダメだしばかりしてくるダメだし人間。

 

確かに、私のことを思って「ダメだし」をしてくれる人もいたけれど、それは、ただ単に仕事がうまく進むかどうか?なのか、私の、成長の為に言ってくれてるのかは、わかるもの。

 

何となくわかるもんだから、ただ単に「仕事がうまく進めるためだけ」の方は、違和感を感じてしまう。

 

初めての仕事、慣れない仕事をする時に、間違う事、失敗する事は良くある事。

 

なのに、コラコラ!ダメ!と言われてもね!

 

 

そんな「ダメだし人間」に対して、

 

私の場合は、「はい。」とその場で答えても、後は、気にしない。

 

そうです、気にしない事が多い。

 

だって、全く同じ状況の事例がまた起こる事は、ほぼ無いので、この時、ダメ!と言われてもそこで終わりだから、終わってるから。

 

それより、問題は、ダメダメ言ってくるやつ。

 

「そんなやつ」といても、自分は成長しない。

 

まさに、「そんなやつ」=「損なやつ」。

 

時間がもったいない。

 

ただ単に、ダメ出しだけをしてくる、「ダメだし人間」からは距離を置く方がいい。

 

 

 

いい所を探して、褒めてくれる人。

 

「ダメだし人間」に対して、「いい所をほめてくれる人」。

 

ほめてもらえると、自然と自信がつきます。

 

そして、やる気が出てきます。

 

すると、上手になっていくものです。

 

長所が伸びるのです。

 

これでいいんだと思います。

 

短所を克服しよう、出来ない事を出来るように頑張ろうとするのもいいのです。

 

しかし、人間も自分の得意な事を、もっとのばす事の方が断然、楽なのです。

 

出来ない事よりも、自分にあった出来る事の方が、より早くうまくなり、みずから出来る。

 

誰かに、「やれ!」と言われる仕事よりも、

 

自分から進んで、する仕事の方が何より楽しい。

 

伸びない短所を何とかするより、

 

伸びやすい、長所をもっと鋭くとがらしていきましょう

 

トガッタ人になろう。

 

もちろん、変な人になろうと言う事ではありません。

 

「特徴を持った人」になろうという事。

 

私には、こんな特技があるんですとか、こんな事も出来るんです等々。

 

何かの資格を持っている。

 

もっといえば、

 

「独自性のある人」です。

 

誰にも負けない力、、強いパワーを持ち続け、突き進んで行ける。そんな感じです。

 

大事な事は、自信を持つ事。

 

自分に自信がなければ、一瞬の輝きで終わってしまいます。

 

正論でも正解を出していても、いい気がしない連中がいるのです、大人になってもいじめるやつがいるのです。

 

気にしない事が一番。とはいっても大人なので、大人の対応をしましょう。

 

その場は、とりあえず、わかったふりをする。

 

私みたいに、部長に正面切って「アホか!おまえはなにしとんねん!」と言ってはいけませんよ。

 

私の部長の場合は、後で解ってくれましたが、そんな人ばかりではありませんので。

 

どこか本音で話せる部長だったからこそ言えたのだと、今考えたらそう思うのですが、まったく解ってもらえそうもないのなら言う気ににもならなかったことでしょう。

 

現に、その後の上司の中にそんな人がいました。

 

 

ともあれ、人との付き合い方や、人間関係も関係してくる、その、人間関係も相手と自分では違う場合もあるので、ここは、大人の対応が一番。

 


転職を本気で考えている方向けのプログラミングスクール!【WebCampPRO】

 

上司さんへ

そんな、トガッタ部下が出来れば、「生意気な奴」「言うとおりにすればいいんだ」と思いがちで言いがち。

 

しかし、そんな部下ほど、いいアイデアを持ち、新しい進化した会社へと変われるチャンスでもある事を忘れないように。

 

そして、トガッタ部下をうまく育てるのは、上司の仕事。

 

いいトガリ方をするのか。

 

変なトガリ方をするのかは、上司の誘導、研ぎ方次第です。

 

どんなにいい人材が入ってきても、ダメにするのも、上手に育てて、もっと鋭くできるのも、ほとんどの場合、上司の責任。

 

上司だけではありません、会社の中の習慣みたいなのもありますが。

 

そんな社風をも変えるのが、トガッタやつなんでしょうね。

 

転職なら【DODA】求人情報・転職支援会員募集

ポチッとお願いします。

関連ページ

不安な未来。
就職して、安心した約10年後、就職した会社は倒産。結局、会社に頼っていた自分がいたのでした。 そこから一気に自分の老後はどうなる?年金は?と思うようになる。
始めの一歩
高校卒業後、なんとなく会社に勤めた20代、10数年後会社は倒産。30代、今度は自営業を始めるがこちらも10年でやめた。 それは、あまりにも自由がなかったから.....。 仕事でも、時間も、人との関わりも、住む場所もそうです。ほとんどの人がそうなんでしょうけど、違う気がする、そう、もっと自由に生きていけるはず。
ネットビジネスにした理由。
再就職、リアル店舗などを検討したが、たどり着いた道がネットビジネスだった。
「理不尽」の象徴の、銀行は金融業。
社会の中の「理不尽」の象徴。銀行。お金を集めて、貸してあげるよ、金利と共に返せるなら。あなたのお金返せって?じゃぁ、手数料を払ってくれたらいいよ。って、私のお金ですが。
情報によって作られるもの。
情報はあなたの中で何を作っているのか?
楽しみながら仕事しよう。
1 ゲーム 2 褒美 3 考え方を変える 4 やめる  5 寝る 6 体を動かす
釣りで考える、私は釣りが好きだから。
釣りで、なんでも例える事が出来ます。
当たり前でしょ。
一般的な生活? 目玉焼きに何かける?
1日パン屋さんが気になった、カルディへの買物。
リアル店舗で勉強。カルディに買物に出かけた、百貨店の地下で今日だけ売りに来ていたパン屋さんの、売る流れが出来ていた。仕組みを作ろうと思ったのでした。
情報過多の時代。
溢れている情報。 洪水のように流れている。 しっかり自分で選択し、整理しよう。 また自分のアップした情報もきをつけよう。
何が起こるか分からない。
週一で通る道、ゆっくり走ってみたり蛇行運転したり、ノールックで渡る自転車、そして食パン。
目標を決めよう、まずは 夢 を目標に。
夢をかなえるのは大変そうだけど、具体的に目標を立て、細かく分けていく、そうすることで、成功の道が見えてくる。
行動してみる事で変わる、見える。
高校卒業後、なんとなく会社に勤めた20代、10数年後会社は倒産。30代、今度は自営業を始めるがこちらも10年でやめた。 それは、あまりにも自由がなかったから.....。 仕事でも、時間も、人との関わりも、住む場所もそうです。ほとんどの人がそうなんでしょうけど、違う気がする、そう、もっと自由に生きていけるはず。
自分が楽しい事をしよう!
楽しむ事。自分が楽しくないとね。
頑張れ!
高校卒業後、なんとなく会社に勤めた20代、10数年後会社は倒産。30代、今度は自営業を始めるがこちらも10年でやめた。 それは、あまりにも自由がなかったから.....。 仕事でも、時間も、人との関わりも、住む場所もそうです。ほとんどの人がそうなんでしょうけど、違う気がする、そう、もっと自由に生きていけるはず。