自由に生きていく。会社や社会に頼ってられない。

橋本雅のブログ。

国や会社に頼らず 僕らは自由に生きていく こちらも、勉強になったブログです。

 

スポーツの世界でも、ビジネスの世界でもよく言われる「目標」をしっかり持とう。

 

言われてみれば、成功している人たちは、金メダルを取っても、業界ナンバーワンになっても、出てくる言葉は「まだまだです」や「次はこうなりたい」とか目標をもっています。

 

人は、何気なく生きていると、足踏み状態のようですね。

 

「こうなりたい」とか「あんな人みたいになりたい」と思うと自然に、行動に移すことが始まるのでしょう。

 

なにも思わないと、そのまま。

 

スポーツの世界なんて、どんどんタイムが良くなっていく世界。
何年かに1度は世界記録更新!1大会で2回更新する事もある。
それがもう、何十年と続いているのにいまだに世界新記録はで続けています。

 

普通の人は、そんな途方も無い世界記録に挑戦しません。

 

でも、挑戦しているアスリートはたくさんいるのです。
目標の一つが「金メダル」アスリートのみんなが狙っています。
少しの才能はあるのかもしれませんが、おおくは、たくさんのつらい練習を毎日、毎日、積み重ねてきているはずですよね、その練習の結果として、出る世界記録なのです。

 

どんな目標か?
自分がこうなりたいという「夢」からでいいでしょう。

 

 

なんでもいいと思います。

 

 

あなたがしたかった事。

 

 

こんな生活が送りたいとか。

 

 

世界旅行したい。

 

 

自由に生きたいとか。

 

 

 

 

 

目標を決めた?決まったなら...

 

しかし、よく大きな目標を持てと言いますが、途中で諦めてしまう。そんな事になってしまっては、せっかく決めた目標の意味がなくなるのでは?

 

ただ単に、決めた「夢」の目標では、「で、どうしたらいいの?」となってしまう。

 

夢ですので、今までに思った事はあるのですから、やり方が解ればやってますよね?
しかし、せっかくやり方が解っていてもしない人がほとんど。

 

「どうせ、私には無理でしょう。」

 

「やったって、出来るわけがないでしょう。」と

 

なにも始めないまま、こう思ってしまうのです。

 

もったいないです。1度きりの人生なんですやってみませんか?

 

やってダメなら、仕方ないけど、

 

やらずに出来ないのは当たり前ですよね。

 

 

 

 

こんな時は「夢」の実現の為の目標を立てる。

 

 

「自由に生きる」と夢の目標をたてた。

 

ではどうするか?
何から始める?
いろいろ始める事がある。

 

1つは、
ブログの記事を300記事書こう!と決めた。

 

これは「夢」を実現するための「目標」

 

次に、1日1記事を目標にした。

 

これもそう。

 

1記事書くには勉強もしないとネタ切れになる。

 

なら、寝る時間には本を読もう。

 

時間がないので、テレビを1時間消そう。

 

 

 

など、どんどん細かい「目標」にしていく。

 

身近な「目標」にすることによって、毎日に夢に向かって進んでいると思えるし、達成感があじわえる。

 

達成すれば「目標」をバージョンアップです。

 

どんどんアップデートしていきましょう。

 

漠然とした「自由に生きる」という目標がかなり身近なものになったのではないでしょうか?

 

 

目標は具体的に。

 

 

具体的な目標かどうか?

 

「いつかこうなったらいいなぁ.....」では、「さぁ始めよう!」とはならないですよね。

 

また、「こんな風になれたらなぁ...」と思っていても

 

何となく、ぼんやりとした「目標?」では何も変化はないでしょう。今までと同じです。

 

あなた今、1時間走っています。ただただ走っています。
どこへ行くのか、なにもわからないまま走っています。、周りを見ると走っている人がいますので、とりあえず自分も走っていますが、何のために走っているのか、いつ終わるのかわからず、ただ、しんどくて、つらいだけなのではないでしょうか?

 

しかし、これが、フルマラソンの大会で走ろうと決めたとします。(走らなくてはならなくなったでもいいですが)

 

そうすると、準備を始めませんか?

 

始めての人は「完走」が目標だとおもいます。

 

しかし、これものんびり歩いて完走できるわけではありません、だいたい時間制限が決められているので、結構走らなければ、途中で強制終了となってしまいます。

 

「大会は0月0日」この大会で目標の「完走」するなら「タイムは最低ここ!」と具体的に決めて始めるでしょう。

 

そこで、始めは毎朝、3キロ走ろう。1週間ぐらいして慣れてきたら5キロにしよう。
次は10キロ。今度の休みには30キロぐらい走ってみよう。などなど練習が始まります。

 

 

何度か走っている方なら今度は「5時間を切るのを目標」にしたり「00位に入る事」だったり「あの人には勝つんだ」などハッキリした具体的な目標や細かい目標を持つと、

 

今度はジムに通って....。

 

専門の方のアドバイスをきいて...。

 

などなど。

 

具体的な目標になればなるほど、

 

「今やる事」

 

「今やるべき事」

 

がはっきりしてくると思います。

 

と、ただ単に走っている時よりあきらかに「目標を決め、具体的にしていく事」で成功の道が見えてくるでしょう。

 


 

目標が具体的かどうか。

 

ちょっとしたことだが、

 

ここが成功する人としない人との

 

決定的な差。

 

       柳井 正


 

 

 

ところで、「目標」を決めた目的は?

 

何のためにあなたはその「目標」を決めましたか。

 

これ、結構大事です。

 

 

「目的」ですね、「何のため」なのかをハッキリさせておくことで、続ける事ができるのか、途中でやめてしまうのかも決まってくるかもしれません。

 

何事も無く、順調に行く事が続く事はないでしょう。

 

時には、もう、やめよう。または、出来なかった。

 

などとなってしまうかもしれません。

 

しかし、目的がどうだったかを、もう一度直してみると結果オーライの事もあります。

 

 

みんなに、認めてもらいたくて、走る事にしたフルマラソン。

 

目標の「完走」は出来なかった。

 

しかし、みんなからは、「良く練習、頑張ってたよな」「あそこまで俺には出来ないよ」「君はすごいな」と言われたらどうでしょう。

 

確かに目標は達成できなかったけれど、目的は達成できてませんか?

 

 

また、途中でつらいな、しんどいな、やめたいなと思った時にも、「目的」がしっかりしていれば、違う方法ややり方を考えてみていい。

 

みんなにみとめてほしいなら、ほかの「目標」でもいいんだから。

 

「目的」の為の「目標」という事を忘れずに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポチッとお願いします。

関連ページ

不安な未来。
就職して、安心した約10年後、就職した会社は倒産。結局、会社に頼っていた自分がいたのでした。 そこから一気に自分の老後はどうなる?年金は?と思うようになる。
始めの一歩
高校卒業後、なんとなく会社に勤めた20代、10数年後会社は倒産。30代、今度は自営業を始めるがこちらも10年でやめた。 それは、あまりにも自由がなかったから.....。 仕事でも、時間も、人との関わりも、住む場所もそうです。ほとんどの人がそうなんでしょうけど、違う気がする、そう、もっと自由に生きていけるはず。
ネットビジネスにした理由。
再就職、リアル店舗などを検討したが、たどり着いた道がネットビジネスだった。
「理不尽」の象徴の、銀行は金融業。
社会の中の「理不尽」の象徴。銀行。お金を集めて、貸してあげるよ、金利と共に返せるなら。あなたのお金返せって?じゃぁ、手数料を払ってくれたらいいよ。って、私のお金ですが。
情報によって作られるもの。
情報はあなたの中で何を作っているのか?
楽しみながら仕事しよう。
1 ゲーム 2 褒美 3 考え方を変える 4 やめる  5 寝る 6 体を動かす
釣りで考える、私は釣りが好きだから。
釣りで、なんでも例える事が出来ます。
当たり前でしょ。
一般的な生活? 目玉焼きに何かける?
1日パン屋さんが気になった、カルディへの買物。
リアル店舗で勉強。カルディに買物に出かけた、百貨店の地下で今日だけ売りに来ていたパン屋さんの、売る流れが出来ていた。仕組みを作ろうと思ったのでした。
情報過多の時代。
溢れている情報。 洪水のように流れている。 しっかり自分で選択し、整理しよう。 また自分のアップした情報もきをつけよう。
何が起こるか分からない。
週一で通る道、ゆっくり走ってみたり蛇行運転したり、ノールックで渡る自転車、そして食パン。
行動してみる事で変わる、見える。
高校卒業後、なんとなく会社に勤めた20代、10数年後会社は倒産。30代、今度は自営業を始めるがこちらも10年でやめた。 それは、あまりにも自由がなかったから.....。 仕事でも、時間も、人との関わりも、住む場所もそうです。ほとんどの人がそうなんでしょうけど、違う気がする、そう、もっと自由に生きていけるはず。
自分が楽しい事をしよう!
楽しむ事。自分が楽しくないとね。
頑張れ!
高校卒業後、なんとなく会社に勤めた20代、10数年後会社は倒産。30代、今度は自営業を始めるがこちらも10年でやめた。 それは、あまりにも自由がなかったから.....。 仕事でも、時間も、人との関わりも、住む場所もそうです。ほとんどの人がそうなんでしょうけど、違う気がする、そう、もっと自由に生きていけるはず。