自由に生きていく。会社や社会に頼ってられない。

橋本雅のブログ。

国や会社に頼らず 僕らは自由に生きていく こちらも、勉強になったブログです。

どうしてお金の勉強はしないの

 

どうしてお金の勉強はしないの?

 

お金の勉強と言うと、なんだか悪い事をする気がする。

 

そんな人も多いのでは?

 

そんなことはありません。
私は、10代、20代でしっかり勉強しておいた方がいい。そう断言します。

 

20代からの投資。
にもまとめました。

 

お金の勉強というと、株や先物取引などを重い浮かべます、早いうちから株などの投資商品の勉強も全然いいと思います。買うかどうか、運用するかどうかは別として、知る事はとても大事です。

 

投資商品の勉強の前に、すぐ必要な知識。(投資商品を買う資金を得るために)

 

貯金
利息
キャッシュカード
電子マネー
ローン
金利

 

働くようになると、まず、給与の振込先。

 

貯金してると、利息が発生。(今は無いも同然ですが。)

 

キャッシュカードも作るでしょう。

 

電子マネー、学生時代から使ってるでしょう。

 

車やパソコン、家を買うとなると、ローンで買います。

 

それには金利が発生します。

 

そこで

 

銀行ってなにして儲けてるの?

 

キャッシュカードの支払方法はどれだけある?

 

電子マネーを大きく分けると3つそれは何?

 

ローンの金利の計算の仕方は?

 

すべて、完璧に理解し説明出来る人は少ないでしょう。

 

そうです。ほぼ100%に近い人が、経験するのにもかかわらず、誰からも教えてもらう事無く、知っていて当たり前かのようになっていませんか?

 

今は、ネットが普及し、検索をかければいろんなサイトが出てきます。
ネットで調べれば確かにわかるようになりました。

 

しかし、それらは個人や企業のサイトです。
もし間違った情報や企業の都合のいい情報を、そのまま信じたら?

 

そもそも、現代では、現金支払いのほかに多種多様な支払い方法が出てきました。

 

キャッシュカードの支払いでも、
一括払い、
ボーナス一括払い、
分割払い、
リボ払い
の4種類があります。そして、支払い方法によって金利が違います。

 

電子マネー、
EdyやiD、WAONにQUICKPay、スイカ等の交通系、auWALLETやウェブマネー、仮想通貨のビットキャッシュ等
種類がどんどん増えています。

 

カード型で一旦チャージしてから使うもの、使用後請求がくるもの、ネットの中で強いもの。

 

ローンの計算は、ほとんどが「複利計算」です。簡単に言うと、利息にも利息が付く計算をして、ローンの終わる日に合うように利息と元金を0に減らしていく計算です。

 

 

確かに、それぞれを使う時に、一緒に送られてくる細かい字で書かれた小冊子は送ってきますし、契約の時に毎月の支払の金額はいろいろ出して説明してくれます。

 

でも、契約しようとした時ですよね、

 

私もそうでしたが、結婚した時にマンションを購入しました、マンションの販売員が案内してくれた所の銀行でローンも契約しました。その時に「他の銀行でもいいんですよ」といいながらも「説明だけでも.....」と言われ説明を聞いてそのまま契約の流れになってしまった。

 

他の銀行にもききに行ってみる?またよそに行ってあの長い説明があるのかぁ〜めんどくさいなぁ。。せっかく、あんなに長い間説明してもらったし、いろいろシュミレーションもしてもらったし、。あの人に任せようか。となったのです。

 

何も知らなかった私は、そのまま契約。

 

当時、流行のステップローンです。

 

始めは安い金額、年数が経つにつれて、返済金額が増えるタイプ、最初と最後では、毎月の支払金額は倍以上違います。それでも、当時は仕事をして10年もすれば給料も上がるだろうし、20年もすればもっと給料は上がっているはず。今の返済金額が安い内に貯めて一気に返済もできるかも?

 

今、考えると不思議な事を思っていました。今はステップローンをしている所はもうありません。

 

結果、10数年後、失敗だったと気づきました。

 

就職した会社が危なくなってきて、少しでもと始めた、株式。その流れで銀行のホームページ等も見るようになり.、今の自分の住宅ローン、50万円ほどかかりそうだけど、1日でも早く借り換えるほうが得だとわかりました。

 

その後、少し勉強して借り換えをし、

 

数年後にも、金利がさらに下がったので、金利の引き下げも交渉し下げてもらいました。

 

最初に少し勉強して、解っていれば、ステップローンなんて組まなかったでしょう。
あの史上最低の最悪のローンを。

 

失敗だと気づいた時どうして学校では勉強しないのか不思議でした。

 

でも、義務教育の中にないので、誰かに聞くか自分で勉強するしかないのです。

 

 

結局、生きて行く為には自分で勉強しないといけません、社会に頼って、流れに任せていては損をします。

 

お金も流れに任せて流していれば、相手のいい様に流されてしまうだけ。

 

自分から勉強いしないと、教えてはくれないのも事実です。

 

勉強すれば自分で流れを変えたり出来ます。

 

流し方を知ればいい。
流れの変え方を知ればいい。

 

使い方や払い方で、差がでます。

 

金額が増えれば増えるほど。

 

20歳で知って、知らない人との差が、5%ほどだっとしても、
年間300万の収入があれば10年で3000万。

 

3000万の5%は150万です。

 

150万を稼ぐに半年かかる計算ですね。

 

30歳で知った私。あの史上最悪のローンだけで、200万ぐらいは損しているはずです。計算してませんが。

 

実際は150万ではおさまらずもっともっと、差が出ると思います。

 

 

早くから知れば、働く期間約40年の収入、支出の金額が同じ人でも、自由に使える金額は全く違うでしょう。

 

そして、会社を引退した老後も続きます。収入が無くなっても支出もあります。

 

生きている間、関わるお金なんです。

 

まずは使い方からでも関心を持ち、収入の増やし方、運用の仕方へとステップアップしていけばいいと思います。

 

そんなの危ないや、と思っている人は多分、投資や、運用の事を深く学ばなかったのではないでしょうか?

 

よく聞きます。株で大損した。FXで破産した。など。

 

でも、儲けている人もいるのは事実、
そして、株やFXで大損、破産した人も一時はかなり儲けたはずなんです。
何千万、何億損しないと破産しませんから、それなりに資金はあったのです。
途中で何かを間違えたのでしょう。

 

一方、成功してます!
株で大儲けしています!FXで豪邸たてました!などはあまり聞きません。

 

宝くじで、1億当たった!3億当たった!などもあまり聞かないですよね。

 

実際はいるはずですが、成功している人は大きな声で言わないだけなんです。

 

 

話は、それましたが

 

お金は一生関わるもの、使い方や収入を増やす方法もいろいろ有り、お得な方法を知って、賢く運用しましょう。それには自ら勉強をしないといけない。
そして、若い頃から始める方が断然得。
もし、失敗しても、やり直せるではないですか、もちろん年を取ってもやり直せます。若い時の方が体力もあり、吸収も早いのです。

 

ビジネスの世界でも同じ、自ら勉強して、方法を学ばなければ、成功なんてないのです。

 

ぜひ、自分に投資を行い。一生の財産を自分に取り入れましょう。

 

 

P.S.

 

いろいろな金融商品があります。

 

始める場合は、元本が保証されないもの、されるもの、リスクの高いもの、低いもの。
あまりに儲かるものは詐欺かもしれません「必ず儲かります。」の同じ。金融の商品は元の金額を下回るリスクが常に存在します。たくさん勉強し、検討して、自分にあった投資方法を自己責任で始めてくださいね。

 

投資の資金は必ず余剰資金でする事。

 

生活に必要なお金は×。1年後2年後使う予定のお金もX。
無くなってしまってもいい。勉強にこれぐらい使うぐらいのお金で始めて下さい。
20年、30年は使わないお金です。

 

投資はしない、それより収入を倍にする10倍にする方法を早くから学ぶのもまたいい選択ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポチッとお願いします。

関連ページ

50万円を払って借り換えた、失敗の住宅ローン。
住宅ローン、いや、ローンの事、金利の事、なにも知らずに契約した10年後、涙が出てきた。そして、借り換えをした今....
20代からの投資。
20代からの将来への投資、株?達期間でするのか配当金や優待で選ぶべきなのか?それとも?
自分の生命保険の種類知ってます?
3種類の基本形。 何のために入る保険か?を再確認。
株式優待。
高校卒業後、なんとなく会社に勤めた20代、10数年後会社は倒産。30代、今度は自営業を始めるがこちらも10年でやめた。 それは、あまりにも自由がなかったから.....。 仕事でも、時間も、人との関わりも、住む場所もそうです。ほとんどの人がそうなんでしょうけど、違う気がする、そう、もっと自由に生きていけるはず。